発話構文解析を利用した「よく聴こえる」拡声システム

小林洋介
(室蘭工業大学 大学院工学研究科 助教)

2017年6月18日日曜日

音学シンポジウム2017

音学シンポジウム2017にて本学の院生が「発話構文解析を利用した「よく聴こえる」拡声システムの基礎検討」として発表しました。
タイトルの通り,国際科学技術財団様に援助いただいた研究の基礎的な部分の発表です。

このシンポジウムは,音に関するあらゆる研究の発表がシングルトラックで進行するシンポジウムで,毎年5-6月に開催されています。
特にこのシンポジウムは,招待講演とチュートリアルが充実している上に,ごく普通の学会発表に相当する一般発表枠以外にも,既発表内容の研究紹介や議論を目的とした発展途上の成果でもOKなディスカッション発表もあります。
我々の発表もまだまだ未完成であり,コンセプトの発表ということで,ディスカッション枠で出しました。
発表ポスターは写真のように大盛況でした。

いただいたコメントなどは室蘭に戻ってから吟味してより良いシステム開発に利用していきたいと考えています。
(今回の発表に間に合わずに一部省略した部分を適切に突っ込まれていましたので,なんとかしたく思います^^;)

さて,来週は「やさしい科学技術セミナー」と,別件で本学の出前講義で近い内容での他高校での講演があります。こちらも後ほどご報告できればと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿